小さな手 未来へつなぐ 感謝の心

保育園は「子どもたちの心を耕す」ところです。遊びを通して「ありがとうございます」「おかげさまで」などの感謝する心の種を子どもたちの心にまいていき、人と人の心をつないでいくことで「誰にでもやさしい、誰もが幸せだと思える社会」を築いていきたいと考えています。

園の概要 を見る

すべての子は伸びる力を持っている。 その力が自然に、十分に伸びる保育を 個と集団の中で行う。

子どもたちは、どの子も伸びる力を持っています。みかさがわ保育園では、その無限の可能性を子どもたち自身の力で開花させていくことに力を注いでいます。そのため、一人ひとりの子どもを十分に愛し、思いを受けとめ、心豊かな子どもを育んでいきます。
また、保護者の皆様の思いをくみ取りながら、家庭と一体となって子どもの健全な心身の発達を目指していきます。

園の特色 を見る

当園の保護者の方へ

新緑の美しい季節を迎え、そよ吹く風も爽やかになってきました。入園、進級してから1ヶ月が経ち、新しいクラスでの生活にもすっかり慣れてきました。子どもたちは、お気に入りの玩具で遊んだり、大好きな先生との触れ合いや園庭でお友達と一緒に元気一杯に好きな遊びを楽しんだりしています。保育園時代は遊びの黄金期と言われています。子ども達は遊びを通して人との関わり方やルールを学びます。また、意欲、感性もこの時期に育ちます。保育園生活を通して、子どもたちがどのような心と身体の成長をみせてくれるのか、保護者の皆様と一緒に楽しみにしていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。

当園の保護者の方へ を見る